解約後でも受け取れるお金があることに注意!

保険を解約した後でも、受け取れるお金は色々ありますので、受け取れるものはキチンと受け取っておくようにしないと、思わぬ損をしてしまいます。

まず、解約返戻金ですが、これは保険料を支払った期間によって支払われる金額が上下します。

一般的には、定期保険や養老保険ならば10年以上支払っていれば、払い込んだ保険料とほぼ同額の解約返戻金が支払われる仕組みになっています。

解約返戻金は、解約手続き完了後、7日〜10日程度で指定の口座に振り込まれます。

保険会社によって、多少手続きが早くなったり遅くなったりしますので、日数の上下はあるかも知れませんが、大抵は2週間以内に振り込まれるはずですので、2週間を過ぎても保険会社から振り込みが無い場合には、問い合わせてみましょう。

また、意外と知られていないのが、保険を解約した後でも、保険有効期間中に発生した事故や病気については保障対象になる事です。

解約した後で、病気やケガなどの医療費請求や保障日額の請求を思い出した時は、保険有効期間中に起きたことかどうかを確認して、保険有効期間中であれば保険会社に請求して保険金や給付金を受け取るようにしましょう。